FC2ブログ

2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01






動物園のあり方

鈴木1


一昨日、テレビを見ていたら井の頭自然文化園で飼育されていた「ゾウのはな子」が亡くなった話題を取り上げていました。戦後、「戦争で傷ついた子どもたちの心をいやそう」ということでタイから贈られて日本にやってきたのでした。

テレビではさらに動物園そのもののあり方についても議論されていました。
動物園は動物たちにとって幸せなのか?
ある方が、「動物にとって一番つらいことは一日何もすることがないこと」と語っていました。

野生の動物の仕事は、毎日えさを捕ること、生きていくために常に獲物を捕っていかなければならないのです。

動物園の動物は、決まった時間に食物を与えられています。
その代わりと言っては何ですが、朝9時頃から午後4時頃まで来場者のために表に出ていなければなりません。

写真は、写真教室受講生の60歳代男性が「多摩動物園」撮影実習のときに撮った作品です。
動物園の閉鎖された空間にゾウが片隅にポツンと一頭だけが写っています。

今この写真を見ると、複雑な心情になってきます。
私たちにとって動物園のゾウは、単に写真撮影の被写体に過ぎないのかと思うと少しやりきれなさを感じてしまいます。


スポンサーサイト



[ 2016/06/12 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する