FC2ブログ

2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01






すずさん

すずさん


アニメーション映画「この世界の片隅に」を観てきました。
わずか5分「悲しくてやりきれない」のオープニング曲ですでに涙が・・・。

けなげな「すずさん」かわいく愛おしい。
こころやさしい「すずさん」に涙を惜しむことなく一人泣いていました・・・。

私たちは「すずさん」に何を見るのでしょうか?
おそらく戦前・戦中・戦後を生き抜いた「すずさん」の人生ドラマだけではない何かがあるように思えてなりません。

呉の空襲や広島の原爆投下、戦争のことだけではなく、どのような状況でも人が生きるとは、幸せとは、人を愛するとは、家族とは、夫婦とは何なのか、一緒に考えましょうね?

希薄になった日本人のやさしさを私たちは「すずさん」に見いだしているのではないか。
いつしか忘れ去った心を私たちは「すずさん」に感じ取っているのではないか。

「すずさん」には、男性も女性もがあこがれ理想とする女性像を表しているように感じます。
かつてはあった心の故郷、こころやさしく包んでくれる母親像。

これこそが「すずさん」が私たちに発するメッセージのような気がします。
心が洗われ、私も「すずさん」のように純粋に生きていかなければと思いました。

世界の片隅にひっそりと咲く「すずさん」
私も日本の片隅でひっそり咲く私だけの「すずさん」と一緒に生きていきたい。

今日の私は、「こころ やさしく」なっているような気がします。
「すずさん」ありがとう。


スポンサーサイト



[ 2016/12/10 ] 趣味 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する