FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平林寺の紅葉3

平林寺4


今日は11月の晦日、明日から12月。

久しぶりに平林寺の紅葉作品を紹介しましょう。
12月の平林寺の撮影実習も明日から始まりますので。

写真はモミジ一葉が木から落ち葉へと変わる途中に蜘蛛の糸なのでしょうか?
一筋の糸に絡まり宙に浮いた状態になっていました。

本来ならば落ち葉となり最期の瞬間を迎えるはずなのに、偶然にも不思議な糸に助けられ私の目に触れたのです。

何かの縁で私と出会った一葉のモミジ。
その姿は愛らしく、微笑ましく、素敵でした。

明るく美しい。
愛情さえ感じます。

スポンサーサイト
[ 2016/11/30 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

神代植物公園 生徒作品

前田1

前田2


昨日に続き、「神代植物公園」撮影実習作品を紹介します。
作者は60歳代女性。

日頃より熱心に写真に接しておられる方です。
自分なりに写真を撮る意味や行為そのものを考え作品作りに取り組んでいます。

今回の作品では、マクロレンズを駆使して撮影。
はじめて使用したとは思えないような出来映えに私の方が驚きました。

上のダリアの写真は、何か不可思議な世界に迷い込んだような錯覚を覚えてしまう作品です。
黄色の花と花ビラの無くなった茎をうまく構成し味わいを持たせています。

下の写真は、見るからにおもしろいダリアのアップ。
自然の美とは不思議な力を持っていることを私たちに教えてくれます。

2枚とも爽やかで素敵な写真です。


[ 2016/11/29 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

神代植物公園 生徒作品

高木3

高木1


写真教室「神代植物公園」撮影実習から生徒作品を紹介します。
作者は60歳代男性。

初心者クラスの生徒さんではありますが、実力は中級者クラスです。
写真を見てもらえばその感性の鋭さと巧みな技術が伝わってきます。

空間処理の上手さが際立ち、被写体をよく見て撮っているのがすばらしい。
画面全体の色合いやうまくボケ効果を使いしなやかに絵にしています。

横作品は、花開くダリアとつぼみの対比はお見事。
縦作品は、すでに写真を熟知しているかのごとく洗練された風格を感じます。

ともにダリアのもつやさしさや繊細さを見事に表現して心地よい作品です。
思わず見とれてしまします。

※写真教室ホームページに12月撮影実習「平林寺紅葉」撮影実習についてをアップしました。
生徒の皆さん、ご高覧ください。

[ 2016/11/28 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

凍ったイチョウ!

氷イチョウ


一昨日の大雪、昨日もその影響が・・・。
朝から冷え込み日陰では雪が溶けずに残り、道路の凍結。

光が丘公園に行ってみると雪がまだまだ残っている状態。
日差しはあったものの気温の冷え込みのせいか。

いま見頃の紅葉も思わぬ珍客に驚いているようです。
イチョウ並木もだいぶ枯葉が舞い、落ち葉のじゅうたんが出来てその光景もまたきれい。

写真は日陰のベンチに舞い散ったイチョウが、夜の冷え込みと雪解けの影響で凍ってしまったものです。まるで「イチョウの冷凍もの」

紅葉の時期と季節外れの大雪がもたらした自然の芸術作品に。。。
ある意味、貴重な写真になったようにも思います。

[ 2016/11/26 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

バラに雪積もる

雪日のバラ


それにしても54年ぶりの東京の雪は恐れ入りました。
積雪を観測するのは観測史上初と言うこと。

練馬では3センチくらいは積もっていたようにも・・・。
午後3時くらいまで降っていた雪もようやく止み、近くのローズガーデンに行ってみました。

先客の老婦人がすでにカメラをかまえ撮影していました。
この方曰く「小石川公園に雪の紅葉を撮りに行ったらあまり降っていなくて良い写真が撮られなかった」そうです。

もしかすると光が丘公園の紅葉の方が良い写真が撮れたかも・・・。
ここでも懇切丁寧な撮影指導を。

ご年配の方のバイタリティーあふれる姿に感服しました。
写真はその時に撮った雪が積もったバラです。

[ 2016/11/25 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

54年ぶりの雪

初雪


朝起きて外を見ると何と何と雪景色。
光が丘公園は降る雪に視界がうっすらとなってかすんでいました。

午前8時時点で積雪もすでにあるようです。
天気予報によると午前中はさらに降り続ける予報。

このままいくと相当な積雪になり交通も支障がきたしそう・・・。
東京で11月に雪を観測するのは54年ぶりのようです。

暑かったり寒かったり、この11月に思いよらぬ大雪。
やはり天候がおかしくなっているような気がしてなりません。

昨今、地震も頻発しています。
自然災害がないことを祈るだけです。

[ 2016/11/24 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

平林寺の紅葉2

モミジ燃ゆ


今日も平林寺の紅葉写真を紹介します。
紅く黄色く色づくモミジの葉に見とれながら写真を撮る被写体を探します。

目につくものを何でも撮ることはありません。
やはり歩きながら「一期一会」、何かを感じる時があります。

その一瞬の出会いや思いが見えた時に居合抜きのようにシャッターをきる。
2〜3枚で覚めてしまうこともあったり・・・。

今日の写真は、何か大きな力に引き寄せられるようにのめり込んでいきました。
燃えるモミジと大きくとてつもない存在感を表出する黒い木。

何かを覆い尽くすようであり、そのインパクトは強烈なもの。
やがて何もなかったかのようにモミジは枯れはてていきます。


[ 2016/11/23 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

平林寺の紅葉1

平林寺1


写真教室の12月の撮影実習は、平林寺の紅葉を撮りに行きます。
今日、平林寺に下見に行って来ました。

今年は例年より早く紅葉の見頃を迎えているそうです。
平林寺の広い敷地内が赤や黄色、緑、茶色のモミジで賑わっていました。

各地から観光バスで訪れる団体客も・・・。
平日ながら多くの方が、さすがは平林寺、紅葉のメッカ。

写真は門をくぐり最初に出会った紅葉です。
一葉だけ木に引っかかっていたのでしょうか。

私は全体で見るよりもこのような写真が好きですね!
心が落ち着きますから・・・。


[ 2016/11/22 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

神代植物公園バラ・ダリア 生徒作品

山崎バラ

山崎ダリア


今日も神代植物公園のバラ・ダリア撮影実習から生徒さんの作品を紹介します。
作者は60歳代男性で、大胆かつチャレンジ精神旺盛な写真を得意としています。

日頃は鳥をメインの被写体に撮影活動をしている方です。
今回の花の写真も巧みに表現豊かに捉えています。

上の写真は、赤いバラ三輪をうまく構成して通常ではあまり見られない作品に仕上げているところがお見事です。

下の写真は、紫色ダリアの花とつぼみを画面に巧みに配置してダリアの魅力を感じさせる味のある作品になっています。

背景の隅々にまで気を配りながら写真を撮る姿勢が素晴らしいです。

[ 2016/11/21 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

霧にけむる太陽

霧の太陽


今日朝起きて外を見て驚き!!!
真っ白の世界が広がり、何も見えない。

寝起きが悪かったせいか、ぼっ〜としてたので夢でも見ているのかと・・・。
いつも見ている清掃局の煙突もかすかに見える程度。

「何、これ」
霧だろうなとは思ったが、こんな霧を見るのははじめてかも。

東の空に「おぼろ月」がポッカリ浮かぶ。
いや違います。

これは太陽ですよ。
太陽さえ霧にけむりぼんやりと・・・。

[ 2016/11/20 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

バラとダリア 生徒作品

今荘ダリア1

今荘バラ1


今日は写真教室土曜日クラスの「神代植物園」撮影実習作品の講評をおこないました。
今回は、このクラスの80歳代男性の作品を紹介します。

この生徒さんは写真をはじめて2年になりますが、昨年春の神代植物園撮影実習のときから比べると実にうまく味のある作品を撮られるようになりました。

構図や構成、背景処理など考えてバラやダリアの美しさを映し出しています。
ファインダー内をよく見て撮ることができるようになっています。

上の写真は、写真の切り取りが大胆で、繊細な画面構成、空間処理をおこなっています。
さらに色合いもよくダリアの魅力を最大限に引き出しているのが素晴らしい。

下のバラの写真は、光と影を白い花ビラをドラマチックのに演出し、その脇になぜか赤いバラのつぼみを両側に入れて撮っているところが凄いセンスだと思います。

写真教室では最高齢ですが、感性や写真への取り組みはまだまだ若くこれからも頑張ってほしいです。

[ 2016/11/19 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

ワンちゃんの撮影

ワンちゃんと飼い主


紅葉の写真を撮りに光が丘公園に行きました。
朝日新聞に光が丘公園の紅葉の話題が紹介されたせいか、訪れる人の数も多いように感じます。

ただし、昨年から比べると今年の紅葉は今のところイマイチのようです。
そうはいってもやはり紅葉は良いものでいろいろな人たちが紅葉を楽しんでいました。

イチョウ並木を背景にしてワンちゃんをスマホで撮っている女性を見かけました。
なにやら愛犬と飼い主のおもしろいドラマのシーンを見ているようでしばらく様子を拝見。

おもしろそうなのでそのワーンシーンを撮りました。
よく見ると飼い主の女性はリードを右足で踏みながらスマホで愛犬の写真を撮っています。

ワンちゃんはそっぽを向いてなかなか良い写真が撮れない様子。
なんとも言えない飼い主の格好に微笑ましさを感じました。

[ 2016/11/18 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

真っ赤に色づくモミジ

もみじ


光が丘公園の紅葉も色づきはじめました。
ただ、昨年よりも枯れはじめが早くイチョウの木もスカスカ状態。

見頃になりながら次から次へと散っていくさま。
暖かいせいかイマイチの紅葉です。

モミジも少しずつ色づき場所によっては写真のように赤く染まっているモミジもありました。
やっぱり紅葉は黄色ではなく赤色の方が紅葉らしい。

なにか赤いモミジを躍動的に表現してみようと日中シンクロにスローシャッターを組み合わせて
ブラして撮ってみました。

不思議で幻想的な紅葉写真ができあがりました。

[ 2016/11/17 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

十六夜の月

十六夜


2日前の「スーパームーン」は観測できたところだけでは盛り上がったようです。
東京は予想どおり雨で見ることはできませんでした。

それでも宇宙のロマンを多くの人たちが感じたことではないかと思います。
空でも眺めていると良いこともあるかもしれません。

私はその後のお月様も気になり、早朝にお月様とお星様を眺めました。
月の姿も刻々と変わりながら私を暖かく迎えてくれているようです。

「十六夜の月」今日は風が強く、雲の流れが速く月を覆い隠すことも。
思いがけなく私好みの写真が撮れました。

単調に思える日常であっても何か、どこか違うのが少しばかり嬉しいこと。
今日は11月16日。

[ 2016/11/16 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

神代植物公園撮影実習 生徒作品

日野

足立

萩原

今日は、先日おこなった神代植物公園撮影実習(火曜日クラス)の講評会をおこないました。
このクラスは女性が三人。

それぞれが個性豊かで渾身の作品を撮られているのに驚きでした。
今回は三人の方の作品を一枚ずつ紹介します。

不思議なことに女性三人に共通していることは力強さとインパクトと大胆さ。
まるで男性が撮った写真のような雰囲気がみられます。

どの写真も構成力、写真の構図、それと背景処理が素晴らしくまとまっています。
1番肝心な花の魅力も表現できて秀逸な作品です。

生徒の皆さんは、意識を持って撮影に望まれていることが分かります。
それと、写真を少しずつ理解していることが見て取れます。

[ 2016/11/15 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

「スーパームーン」

スーパームーン前日


今日は、68年ぶりに地球と月が最接近する「スーパームーン」
月が大きく明るく見えるそうです。

今日の午後8時頃に最接近し、午後10時頃に満月に。
残念ながら世紀の天体ショーも東京は曇り雨で見ることができないようですね!

それならばと思い、昨日の「スーパームーン前日」のお月様を撮っておきました。
夕方5時頃、東の空にお月様が昇ってきた頃で、赤みを帯び確かに大きく見える感じがしました。

天体や宇宙のことはよくは分かりませんが、何か心が動かされます。
私たちの力ではどうすることも出来ないものが存在しそれにゆだねることしかない。

雲で見えなくても雲のお空の向こうにははっきりと「スーパームーン」見えますよ。
見えるか見えないかはあなた次第・・・。

[ 2016/11/14 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

再びニャンコ

ニャンコ


今日はポッカポッカ陽気。
外出しようと思い自転車置き場へ。

昨日に続き今日もネコを大発見。
日向ぼっこならぬ、「日陰ぼっこ」をして気持ちよさそうに寝ていました。

ニャンコに近づき話しかけてみる。

「こんにちは、今日は暖かいね!」
「・・・・・・」
「近所のうちの子かな、名前は?」
「・・・・・・」
完全な無視。

ときおり半目を開けて、耳を動かすところをみると、きっと狸寝入りをしているのかも・・・。

「ちょっと写真を撮らせてね!」
「・・・・・・」
「ちょっとお話ししようよ!」
「・・・・・・」
相変わらずの無視。

きっと、うるさいな!早くあっちに行って・・・。
と思っているに違いない。

しばらくするとニャンコは、耐えかねてか柵の方に場所を移動。
「ここなら安心だにゃん!」

ニャンコにも相手にされない寂しいひとときでした。

※いい年の髭面おっさんの私ですが、ネコに話しかける時にはこんな風になってしまいます。
お許しください。



[ 2016/11/13 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

光が丘公園の「ニャンコ」

光が丘公園のネコ


今日は朝から天気も良く暖かかったので光が丘公園へぶらり散歩に出かけました。
いつもだいたいは歩く道を決めていますが、今日はちょっと違う道へ・・・。

何か新しい出会いがあるかもと期待しつつ。。。
しばらくすると私の目に5〜6人のご老人たちの姿が、そこには一匹のネコもいました。

話を伺うと捨て猫だったのを皆さんが面倒を見ている「地域ネコ」だということ。
ネコ好きの私はかわいい「ニャンコ」に思わず写真をパチリ。

美人顔の愛らしく人なつっこい「ニャンコ」です。
そういえば、このブログでネコは初登場。

「なぜ、ネコが好きかって?」
あのワガママなところが自分そっくり!!!


[ 2016/11/12 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

蕾のまま枯れゆくバラ

つぼみのまま枯れるバラ


神代植物公園撮影実習からもう一枚、昨日に続き枯れゆくバラを紹介します。
写真の赤いバラは、まだつぼみなのに表面が枯れはじめています。

花開く前に枯れてしまうなんて・・・。
言葉も出ません。

これが自然の摂理なのでしょうか?
せめて少しくらいは花を咲かせてあげたかった。

固く閉じられた花ビラはそれでも最後の自己主張をしているように私は感じました。
そっと一枚、「きれいだよ」と思いながら優しくシャッターをきりました。

もしかすると人知れずはかなく散っていくかもしれない。
でも私だけはちゃんとその勇姿を見てますからね・・・。

[ 2016/11/11 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

枯れゆくバラ

枯れゆくバラ


神代植物公園撮影実習からもう一枚私の作品を紹介します。
昨日の写真撮影でもバラ園は訪れる客も少なくなりどこか閑散としたムードが漂います。

2週間前の満開の頃から見ている私にとってはその時間の経過とともに衰えていく姿が痛々しい。
見頃を過ぎたバラを、多くの方は美しいとは思わないでしょう。

しかしながら「滅びの美学」を良しとする私の心の中には、今一度枯れゆくバラをじっくり見てみたいと思うのです。

花ビラの色はくすみツヤもなくなっていますが、最後の最後までなんとか咲き続けようとしている姿に心打たれます。

人間で言うと晩年に近くなり色つやはもちろん姿さえ衰えていく感じでしょうか?
我が身に置き換えて見るその姿は、衰退ではなく新たな魅力の再構築であると信じたいのです。


[ 2016/11/10 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

神代植物公園のスイレン

睡蓮


今日は写真教室水曜日クラスの撮影実習で神代植物園に行って来ました。
さすがにこの時期になるとバラもダリアも見頃を過ぎてしまい枯れ始めていました。

まだましなバラやダリアを探しながら何とか撮影を試みました。
ただ花ビラにハリもツヤもなく良い写真を撮れる状態ではありませんでした。

さらに木枯らし1号が吹き、北風が身にしみる寒さに。
風ももちろん強く、撮影には適さない条件に。

しかたなくほどほどにして切り上げ温室へ向かいました。
温室では風もなく寒くもなく快適に撮影が進み良かったです。

写真は温室内に咲いていた睡蓮です。
ピンクの花と青空が写った水面が見事にマッチして美しい写真になりました。


[ 2016/11/09 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

バイオリンとチェロの音色

IMAコンサート


先日、私の住む光が丘を歩いているとなにやらバイオリンらしき音色が聞こえてきました。
その音色に引かれるように行くとイベントホールで演奏会をやっていました。

リビン内にある音楽教室が主宰するミニコンサート。
楽器などを展示して子どもたちに体験レッスンを進めるのが狙いのようです。

私はそのバイオリンとチェロの二重奏を聴くことでひとときの癒やしを感じました。
二人の若い女性が奏でる旋律は、ときには優しく、ときには激しく。

クラシック音楽は、習っていないのに必ずどこかで耳にしたことがある曲ばかり。
クラシックなど縁遠い私でも馴染めるのが不思議なこと・・・。

「バッハ」「モーツアルト」などといわれても私には皆同じようなもの。
ただひとつ私でもわかることは、どれも素晴らしいということ。

少し肌寒い日でしたが、ノーズリーブの衣装で演奏していた女性たちに拍手を。
素敵な演奏ありがとうございました。

[ 2016/11/08 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

鎌倉大仏

鎌倉大仏


昨日の日曜日は鎌倉に行って来ました。
なんと鎌倉は、22歳の時いらい、35年ぶり・・・。

就職面接で上京した際に立ち寄ったことが思い出されます。
遠い遠い記憶、あの頃は私も若かった。

そのときに見た鎌倉大仏が、当時と変わらず座ったままで迎えてくれました。
大仏はちょっと小さくなっているように感じます。

小春日和の清々しさの中で大仏さんが気持ちよさそう。
ついつい私も笑みがこぼれます。

大仏の中に入ることが出来るのを知っていますか?
今回、大仏の中に入りましたよ!!


[ 2016/11/07 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

撮影実習 ダリア

ダリア4


今日は写真教室土曜クラスの撮影実習で神代植物公園に行って来ました。
暖かい好天に恵まれ快適な撮影日和でした。

バラ園のバラは終わりに近づきつつあるようでした。
花ビラが多少枯れてきて元気がなさそうに見えました。

生徒さんたちは、そのような状況のなかでも熱心に作品作りに・・・。
天気が良すぎたせいもあり逆に難しい側面も。

ダリア園も終わりに近づいている感じがしました。
写真はその中でもまだきれいに咲いていそうなダリアを選び撮りました。

微妙な色合いに不思議な形の花ビラに哀愁を感じます。
秋も深まりやがて寒い冬が・・・。

[ 2016/11/05 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

月と金星と

月と金星


文化の日は快晴の一日。
こんな日は夕景もよく澄んできれいに見えました。

少し雲がかかっていましたが富士山も望むことが出来ました。
いつものように私の住む団地から写真を撮りました。

いつもと違うのは南西方向に月が、さらにその左下に金星が光り輝いていたのです。
さらに、さらに金星の右側には土星までみえる天体ショーが・・・。

天気が良かったために、月と金星と土星で正三角形を構成しているのが見られたようです。
写真では分かりにくいかもしれませんが土星もうっすら写っています。

昼間の日差しの暖かさから一転、夕方は冷え込みました。
薄着のまま撮影に行った私は寒さを覚えながら写真を撮っていました。


[ 2016/11/04 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

文化の日 快晴

快晴


11月3日は、文化の日。
1946年「日本国憲法」が公布された日です。

今日は公布されてから70年の節目を迎えました。
戦前は明治天皇の誕生日として「明治節」でした。

「日本国憲法」ってなんだろう。
「明治憲法」と何が違うのか?

「日本の戦争」をライフワークにしていた私はそのことをよく考えていました。
「日本国憲法」についてはいろいろな論議がなされています。

今日の天気は、それを祝うかのような雲ひとつない快晴の一日。
日本人として曇りのない清々しい快晴の心を持って生きていきたいものです。


[ 2016/11/03 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

銀杏の実

銀杏


気がつけば光が丘公園のイチョウ並木は色づきはじめています。
すでに紅葉したイチョウの葉も見られます。

そしてこの時期恒例の「銀杏の実」が落ちて、あの独特な臭いを発散していました。
おばちゃんたちがスーパーのビニール袋を片手に銀杏の実を拾い集める光景も見られました。

あの腐ったような独特な臭いはどうにかならないのでしょうか?
人が歩いて踏みつぶすとさらに離れていてもあの強烈な臭いがします。

でも「秋の風物詩」として、それもありかなとも思います。
今日は一気に寒くなりました。

光が丘公園の紅葉もこれからが本番を迎えます。
カメラを持ってぶらり、ぶらりと散歩でもしながら自然のなかに溶け込んでいきましょう!

[ 2016/11/02 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

神代植物園撮影実習 ダリア

ダリア4


今日は写真教室の撮影実習で神代植物公園に行って来ました。
バラとダリアを被写体にしての撮影実習です。

午前中の雨もお昼頃にはあがって、曇り空から薄日が差す絶好の条件になりました。
バラの花は種類によっては見頃を過ぎていましたがまだつぼみのバラも多くありました。

生徒の皆さんには、バラの花をよく見て撮る花を選ぶことが大事。
そして、構成・構図、背景処理を考えて撮りましょうと話しました。
美しいバラをさらに美しく、魅力的に撮ることが求められます。

次にダリア園に。前にも書きましたが、ダリアは素敵な花で虜になりました。
今回の写真も今日撮ったばかりのダリアです。

何とも言えない慎ましさとしなやかさに魅了されてしまいます。
自然美の凄さと不思議さを感じます。

※写真教室のホームページに「神代植物公園撮影実習について」をアップしています。
受講生の皆さんご覧ください。
[ 2016/11/01 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。