スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西洋ひまわり

西洋ひまわり


今日は6月の晦日。
早いもので1年の折り返しです。

どんよりとした重い雲が空を覆い尽くし今にも雨が降ってきそうな天気。
少しばかり自身の気持ちも重くなっているように思います。

そのような思いを少しばかり癒やしてくれる光景に出会いました。
写真の畑に小さく咲く「西洋ひまわり」

農家の方に話を聞くと、以前ヨーロッパに行った際に種を購入し持ち帰り種を蒔いたそうです。
それからこの時期になると毎年のように、このひまわりが咲くと言います。

特徴は黄色の中に茶色が混じっていること。
大きくならずに小さなままだということ。

ソフィアローレン主演映画「ひまわり」の一面ひまわり畑の光景は、このひまわりだったのでしょうか?
ゴッホの「ひまわり」は・・・?

黄色一色の鮮やかな光景が脳裏には残っていますが・・・。


スポンサーサイト
[ 2016/06/30 ] 東京散歩 | TB(-) | CM(0)

海老専家

海老専家


最近はブログや健康のためにカメラを持って近所を散歩しています。
写真教室をやっていることもあり日頃から写真を撮る楽しみも見いだしました。

一眼レフを持ち歩く元気もないためにコンパクトカメラが威力を発揮・・・。
ちょっとした散歩の時にコンパクトカメラは便利です。

身近なところでも歩いているとおもしろいものに出くわします。
写真の看板は、海老専門店でありながら「インドカレー&中華料理」
しかも「光が丘店」ということは、ほかにも別店舗があるということでしょうか!

まあ、お店自体というよりもこの看板がおもしろく気に入りました。
遠い昔、地方の町を歩いていた時に出くわしたかのような光景に懐かしさや緩やかさを感じます。

時がどんなに過ぎようとも脳裏にやきついた光景はふたたび蘇り消えることはありません。
心を癒やしてくれる光景をこれからも追い求めていくことでしょう!


[ 2016/06/29 ] 東京散歩 | TB(-) | CM(0)

梅雨の1日

梅雨の1日


昨日の好天から一転し、またもや梅雨に逆戻り。
気温も一気に下がり身体が追いついていきません。

明後日からは30度を超える真夏日になるようです。
年を重ねるにつれて対応力が目に見えて減少していくのが分かります。

子どもの頃は梅雨の日でも外で遊んでいたように思います。
水たまりを長靴履いてジャブジャブと歩く・・・。

「雨も大切だよ」と小さい頃に聞かされました。
人間生活の営みにとっての恵みの雨に感謝。
そう思うと雨の日も心和やかに感じます。

近所では主役のいないひっそりとしたの公園の光景がありました。


[ 2016/06/28 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

夏日の水遊び

夏日の水浴び


今日も梅雨の晴れ間で30度近い気温になりました。
練馬は都心より2度ほど暑くもうぐったり・・・。

光が丘公園では子ども連れの母親が、子どもたちに水遊びをさせていました。
本来なら私も子どもたちと一緒になって水遊びをしたいくらいの気持ちです。

その光景で少しは涼しくなっていたら、この暑さの中でジョギング中の方々が・・・。
暑い時にはさらに汗をかく、これ基本かな〜。

私は木陰に行って少しばかり読書と日光浴を。
また明日から雨模様。

気がつくと今週は早くも7月を迎えます。
あっという間に今年も半年が過ぎてしまいますね。

[ 2016/06/27 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

選挙ポスター

選挙ポスター


梅雨の合間の晴れ、久しぶりにカメラも持って散歩へ。
いま一番目につくのは参議院選挙のポスター掲示板でしょう!

光が丘公園周辺は人が集まることもあって至る所に掲示板があります。
熱心に見入る人もあり、私のようにポスターの善し悪しを吟味している人も!?

私も過去に二度、選挙ポスターの撮影をしたことがあります。
いずれの候補も落選。
私のせいではないけれども、後味が悪く、それからの撮影依頼はお断りしています。

写真は撮る人によってずいぶんと変わります。
撮り手の才能や本気度がそのまま写真には映し出されます。

私もいつの日か本当に心から写真を撮りたい候補者が現れることを祈っています。
対象や被写体に強い関心や興味を持ち、心から愛すればきっと素晴らしい写真が生まれることでしょう!

写真は「心を写す鏡」。
被写体や対象をとおして撮り手自身が映ってしまいます。
だから写真はおもしろいですね!

[ 2016/06/26 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

桜と富士

桜と富士


浅草のスナップショット写真からもう一枚紹介します。

生徒さんたちと浅草界隈をぶらり歩いていたら何とも下町っぽい光景に出会いました。
「桜と富士」の文字。

日本を代表する桜と富士を扱うこのお店はなにやさんなのだろうか?
桜と富士の絵が描かれた店内には足だけが見える観光客らしき人が・・・。

その向こうには店主らしき女性が。
絵はがきやさんか、本屋さんか?

写真教室の撮影実習で浅草界隈を何回も歩きました。
2020年のオリンピックに向けて東京の街は変わっていくことでしょう。

この浅草も多くの外国人観光客を迎えるために再開発されるかもしれません。
貴重な下町の雰囲気や人情がなくならないことを祈ります。

変貌する前に今の浅草の光景を写真に撮っておいた方がいいですね!
また訪れたい、そのような気にさせるおもしろい町です、浅草は・・・。


[ 2016/06/25 ] 東京散歩 | TB(-) | CM(0)

リーベンレン

日本人です


浅草のスナップショットから写真を紹介します。

中国人観光客の若い男性グループがこの二人に声をかけていました。
直後「リーベンレン」という言葉を残してその場を去って行きました。
どうやらこの女性二人は「リーベンレン」(日本人)のようです。

その光景を見ていた後に二人の日本人女性を撮りました。
日本人だと分かると「大和撫子」に見えてくるのが不思議・・・。

艶やかさ、淑やかさ、奥ゆかしさ、日本の女性らしさ。
中国人・韓国人・欧米人が行き交う中で日本人女性の美しさは光り輝いています。

「艶姿ナミダ娘色っポイね〜」キョンキョンのヒット曲
今日の「徹子の部屋」のゲストがそのキョンキョン。

御年50歳、絶句・・・。
自分だけが年を取っているのかと思っていたらキョンキョンも年を取っているんですね。
それにしても若いですね!


[ 2016/06/24 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

沖縄慰霊の日

平和資料館ガマ内銃剣兵士


6月23日は「沖縄慰霊の日」です。
沖縄戦では多くの住民も戦死しました。
今日は、戦死者の「声なき声に」耳を傾ける日でもあります。

ある女性作家の方の言葉を思い出します。
「兵隊さんたちを二度殺してはいけない」
一度目は戦争で、二度目は忘れ去ることで・・・。

戦後71年、戦争で亡くなった人たちは今のこの世をどのように見ているのでしょうか?
いとも簡単に戦争の記憶が忘れ去られようとしています。

写真は、昨年末に「沖縄県平和祈念資料館」を取材した際に撮ったものです。
ガマの中で泣き叫ぶ赤ちゃんの口をふさぐ母親と家族、銃剣を持った兵士。

戦争の実相を知り、考え、学ぶこと大切なことです。
若い世代に戦争の記憶を語り継いでいかなければならないと新たに思います。
戦争はいまだ終わっていない・・・と痛感します。

[ 2016/06/23 ] 戦跡関連 | TB(-) | CM(0)

写真教室初心者クラス受講生の皆さん

水曜クラス生徒


今日は「写真教室」水曜日初心者クラスの浅草撮影実習を曇天のなかでおこないました。
光が丘出発時には雨、梅雨まっただ中で撮影実習を実施するか止めるか難しい判断でした。

私の心配をよそに、生徒の皆さんはやる気満々、迷うことなく実施へ・・・。
浅草に着いたら雨が止んでいました。
生徒の皆さんのやる気が雨を止ませたのでしょう!?

浅草寺界隈を1時間のフリー撮影、残りは一緒に浅草界隈、隅田川辺りを撮影。
雨に降られることなく無事に撮影を終了。
「神谷バー」で昼ご飯を食べながら写真談義+反省会!?

写真は生徒さん4人の記念写真です。
皆さん、初めてのスナップ撮影いかがでしたか?
2時間の撮影お疲れ様でした。

楽しくおもしろい写真を期待しています。


[ 2016/06/22 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

「浅草」撮影実習受講生作品3

萩原浅草1


写真教室浅草撮影実習より受講生の作品を紹介します。
写真は初級者クラスの50歳代女性が撮ったものです。

浅草寺境内で中国人女性観光客ひとりが、自撮りで本堂をバックに撮っているところをスナップ撮影したものです。
まずは、女性のしなやかな姿が素敵ですね!
それに自撮りする姿も艶やかで、よく見るとお顔もきれいな方です。

ほれぼれしてしまいます。
しかしながらこの作品をさらにおもしろくしているのはこの女性を見ながら通り過ぎようとしている同じく中国人観光客と思われる男の存在です。

これぞスナップショットのおもしろさ・・・。
冷静にこの光景を見てうまく捉えている秀作です。
刻々と変わっていく街のシーンの中で味のある作品をとらえたことはお見事。

美人があのような格好でいると多くの男は、見入ってしまうでしょう!
あのポーズは絶品!
何とも言えずいいですね・・・。



[ 2016/06/21 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

「浅草」撮影実習受講生作品2

山崎浅草


「浅草」撮影実習受講生の作品を紹介します。
初級者クラスの60歳代男性の写真です。

得意とする被写体は「カワセミ」、いつもは小さな鳥を撮っていらっしゃいます。
今回、街でのスナップ撮影は初体験とのこと。

カワセミと対峙しているのとは違い、相手が人間だとうまくカメラを向けられないと思います。
案の定、いつものように望遠レンズをつけてのスナップ撮影となりました。
これも一つの手法としてありますので、全く問題ありません。

写真は浅草寺の宝蔵門の大きな提灯に、アジア系の観光客がジャンプして手で提灯にタッチしているさまを記念写真に撮っているところを後ろから撮ったものです。

手で触ると何か良いことでもあるのでしょうか?
良い瞬間をうまく捉えてお見事です。

女性がジャンプして少し上着がはだけているところがおもしろいですね!
観光で訪れた浅草を満喫している様子がうかがえる爽やかなスナップショットです。




[ 2016/06/20 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

カラス

カラス


家の近所を歩いていると突然頭に衝撃を受けました。
あまりにも不意打ち的なことだったので驚きました。

その瞬間は頭に衝撃が走り思わずのけぞりましたが、何があったのかわかりません。
後ろを振り返るとカラスが旋回しながら飛んでいて事態が読み込めました。

黒いキャップをかぶっていたのですが、目的が何だったのかわかりません。
帽子を奪おうとしたのか、単なる嫌がらせをしようとしたのか?

なぜカラスに襲われたのかが分からず謎です。
以前、自転車のカゴに食糧を入れていて奪われそうになったことはありました。
その理由はよく分かります。

今回のケースは一体何だったのでしょうか?
写真に写っているカラスが何もなかったように「カア〜、カア〜」と鳴いていました。

実は写真を撮ってまた歩き出した時にまた私に向かってやってきました。
その時は早く気づいたので助かりましたが、カラスは人に襲いかかるものなのでしょうか?
それとも黒いキャップがどうしても欲しかったのでしょうか?


[ 2016/06/19 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

朝の雲

朝焼け雲


梅雨時の夏日で蒸し暑いせいか、寝苦しい夜が続いていますね。
今日も3時頃に目が覚めてしまいました。

早朝に朝焼けの写真を撮りました。

今回は裏のベランダから南西方面の雲をパチリ!
少し露出をアンダーにしてコントラストと彩度を多少上げています。

昨日、雲を20年も撮り続けている写真家の写真展の様子をテレビで紹介していました。
同じ雲は二度とないなどと言われます。

こだわりを持ってやり続けることは意義深いことですね・・・。
私もライフワーク「日本の戦争」をやり始めて21年になります。
まだまだ頑張らなくてはなりません。

[ 2016/06/18 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

東京大仏

東京大仏


先日、赤塚植物園に散歩がてら行って来ました。
その近くに乗蓮寺という名のお寺がありその境内に「東京大仏」なる大仏があることを発見。
話によると奈良、鎌倉についで3番目の大きさだと言います。

こんなに身近なところにこのような大仏があるとは思いもよらぬことに驚きを隠せません。
もしかすると私だけが知らないのかもしれませんが有名なのでしょうか?

訪れている人たちは数人いましたが観光客ではないようです。
身近にあるものでも知らないことがあるんですね!
私が練馬区民だからでしょうか・・・。

大仏の記念写真を撮ってその場を後にしましたが何となく不思議さだけが残ります。
奈良・鎌倉の大仏と言えば知らない人はいないと思います。
東京大仏どれだけの人が知っているのでしょうか?


[ 2016/06/17 ] 東京散歩 | TB(-) | CM(0)

浅草撮影実習受講生作品1

緒方浅草


「光が丘ライフワーク写真教室」浅草撮影実習の受講生作品を紹介します。
作者は中級クラス70歳代男性、いつもは滝や花など自然・風景を得意にしているネイチャーフォトグラファーです。

スナップショットは慣れていないようですが、今回の写真はよい瞬間をとらえた秀作です。
外国人観光客が浅草寺でおみくじを引き家族で興味深く見ている様子です。

観光地の浅草寺ですので、おみくじも英語表記がしてあるのかもしれません。
熱心に一枚のおみくじをのぞき見る光景がおもしろいですね!

家族の会話が聞こえてきそうで微笑ましい写真です。
それに「みくじ」の文字が効果的ですね・・・。

スナップ撮影に慣れていない人は、街ゆく見ず知らずの人たちにカメラを向けて写真を撮る行為はたいへんむずかしく度胸がいるものです。
撮り慣れていない街中でしかも浅草の混雑したところでうまく撮られたことに敬服します。




[ 2016/06/16 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

朝焼け

朝焼け


今日はなぜか午前3時前に目が覚めてしまい、それ以降眠れないで朝を迎えてしまいました。
ふと外をみるときれいな朝焼けが・・・。

すぐにカメラを取りだし外へ出て写真を撮りました。
清掃工場の煙突を入れて記念写真を。

朝焼けを見るのは久しぶりです。
昨日が雨でしたから今朝は余計に空気が澄んできれいだったように思います。

たまには早起きをしてみるものですね!


[ 2016/06/14 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

ゾウの鼻

象の鼻


撮影実習で訪れた「多摩動物公園」に、タスマニアデビル2匹が新たにお目見えしたそうです。
今回の動物園撮影実習ではいろいろな動物を目にして写真に撮りました。
生徒の皆さんの作品も何点か紹介しました。

昨日は動物園自体のあり方も少し考えました。
写真を撮ることを通して私たちは何かを知り学ぶことができます。
「ゾウのはな子」の死で、命のことを、動物の幸せについてもふれました。

そのように考えれば私たちは数多くのことを写真を通して学んできたことを痛感します。
そのことも写真の持つ力なのかもしれません。

写真教室をはじめたことによって、以前では考えなかったことや知り得なかったことをいろいろと経験できているように思います。
生徒の皆さんから教えられることも多いです。

私にとって写真教室が学舎になっているようです。
最後に私の撮ったゾウの写真を紹介します。




[ 2016/06/13 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

動物園のあり方

鈴木1


一昨日、テレビを見ていたら井の頭自然文化園で飼育されていた「ゾウのはな子」が亡くなった話題を取り上げていました。戦後、「戦争で傷ついた子どもたちの心をいやそう」ということでタイから贈られて日本にやってきたのでした。

テレビではさらに動物園そのもののあり方についても議論されていました。
動物園は動物たちにとって幸せなのか?
ある方が、「動物にとって一番つらいことは一日何もすることがないこと」と語っていました。

野生の動物の仕事は、毎日えさを捕ること、生きていくために常に獲物を捕っていかなければならないのです。

動物園の動物は、決まった時間に食物を与えられています。
その代わりと言っては何ですが、朝9時頃から午後4時頃まで来場者のために表に出ていなければなりません。

写真は、写真教室受講生の60歳代男性が「多摩動物園」撮影実習のときに撮った作品です。
動物園の閉鎖された空間にゾウが片隅にポツンと一頭だけが写っています。

今この写真を見ると、複雑な心情になってきます。
私たちにとって動物園のゾウは、単に写真撮影の被写体に過ぎないのかと思うと少しやりきれなさを感じてしまいます。


[ 2016/06/12 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

「多摩動物園」撮影実習受講生作品2

高木


「光が丘ライフワーク写真教室」多摩動物園撮影実習作品からもう一枚秀逸の作品を紹介します。
このシマウマの写真を撮ったのは初心者クラスの60歳代男性です。

シマウマの特徴とシッポを振り上げた時の動きの瞬間をうまく捉えています。
さらに大胆な切り取りが写真自体を大きく見せている表現には驚かされます。

写真表現や視点、技術的な面など完成度の高さに感心しきり・・・。
豊かな感性と写真を知り尽くしているかのような仕上がりもお見事ですね〜!。

また細部までよく考えて慎重に撮られているのがよく伝わってくる作品です。
素晴らしいの一言です。

生徒さん一人ひとりが自身の特徴を最大限に活かした作品作りをやっていただけていることは本当に喜ばしいことです。
写真教室も少しは皆さんの役に立っているのかと思うとうれしくなります。
動物園撮影実習も素敵な写真を生み出すよい機会になりました。

生徒の皆さんお疲れ様でした。


[ 2016/06/11 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

着物姿の中国人観光客

着物姿の中国人女性観光客


「光が丘ライフワーク写真教室」の浅草撮影実習で何度か浅草を訪ねましたが、その度によく見かけた光景が着物姿の女性たちでした。

雷門から仲見世、浅草界隈にグループでそぞろ歩きしています。
話し声を聞くとまさに中国語。
中国人観光客が、貸衣装で着物をレンタルし浅草を歩いているのです。

けっこうカラフルで明るい柄の着物で街が華やかになっている印象です。
浅草では外国人観光客に対して貸衣装が大流行のようです。

写真もその一枚。
「浅草メンチ」のお店前でメンチカツを買ってほおばる中国人女性たちをスナップしたもの。
着物姿のぱっと見は、中国人女性も日本女性も見分けがつかないほどです。

観光地には中国人観光客が多いと言われますが、浅草でもそれは強く感じます。
浅草撮影実習もあと水曜日クラスを残すだけになりました。
浅草の街歩きは楽しいですね!


[ 2016/06/10 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

「多摩動物園」撮影実習 受講生作品

佐々木チーター


おもしろいですね!笑えますね|
凛々しく精悍で格好良い動物だと思っていたチーターのこの姿・・・。

この写真を撮ったのは、初心者クラスの50歳代女性です。
3枚連作写真で一作品としたことが、おもしろさを倍増させています。

初めてみた時も今も、何度見ても面白く思わず笑ってしまいます。
被写体であるチーターの思いがけない一面をうまく切り取ったことが見事です。

よく講座では「被写体7割」と言っていますが、まさに被写体の持つ力が強いことか・・・。
構図やアングル、ボケ効果、背景処理などテクニック面ばかり強調しすぎていましたが、やはり写真は被写体のおもしろさを素直に写し取ることが大切なのだと思い知らされました。

他の受講生の作品は、「光が丘ライフワーク写真教室」のホームページをご覧ください。
各自それぞれの個性を活かした作品を撮っていますのでとても楽しいですよ!



[ 2016/06/09 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

曇天スカイツリー

曇天スカイツリー


今日は「光が丘ライフワーク写真教室」火曜日クラスの浅草撮影実習でした。
早朝から霧雨が降る中、撮影実習をおこなうかどうか迷いましたが、天気予報が曇りだったために決行しました。

浅草に着いた時には雨はやんでいましたが、撮影に入るなりまたもや霧雨が降り出し撮影を断念。
先に昼食にして雨のやむのを待つことに。
今日は雨が降ったり止んだり、まさに梅雨空の一日・・・。

悪い条件の中で受講生の皆さんは一生懸命に撮影をおこなっていました。
天気が悪い時には悪いなりの写真が撮れるはず。
逆転の発想で、曇天の日でしか撮ることができない写真をめざします。

写真は曇天の中に浮かぶスカイツリーと黒い不気味な街灯が絡み合う光景。
曇天のどろどろしさが何とも言えずおもしろく、好天の清々しさにない味のある写真だと思います。
5時間に及ぶ撮影実習、受講生の皆さんお疲れ様でした。


[ 2016/06/07 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

浅草路地裏

浅草路地裏


若い頃、「東京の街を撮ってはじめて一人前の写真家になれる」などと言われたことがありました。
いわゆる写真家の登竜門的な存在として「東京の街」が存在し、良く街歩きをしたものです。

街を撮ることが修行の一環のような感じでした。
森山大道、荒木経惟、深瀬昌久・・・多くの写真家が東京を撮っていました。

かれこれ20年以上は街歩きから遠ざかり、写真教室の実習で浅草の街を久しぶりに歩いています。
実に楽しく、初心に戻った気がします。
写真の基本は、「スナップショット撮影」と言われように、浅草の路地裏や人々を歩きながらスナップしています。

写真は、路地裏からスカイツリーが見える光景です。
定番のような写真ですが、なぜか郷愁を抱かせる懐かしさを感じます。

日本の下町の風情、良いものですね〜。
明日も、写真教室の火曜日クラスで浅草撮影実習をおこないます。
どのような出会いがあるのか、楽しみです・・・。

[ 2016/06/06 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

記念写真スポット

記念写真スポット


昨日に続き「光が丘ライフワーク写真教室」浅草撮影実習の中からもう一枚写真を紹介します。
この写真もアジア系の観光客。

場所は吾妻橋のたもと。
多くの外国人観光客が、かわるがわるにこの場所で手を上げて記念写真を撮っていました。
最初どうしてか分かりませんでしたが、その内に納得。

この辺りの橋の上からスカイツリーを背景に記念写真を撮る外国人観光客が多いのですが、ここはどうやら違う目的のようです。

背景はよく知られている通称「金のうんこビル」アサヒビールスパードライホールのオブジェです。
このオブジェを手で持っている格好の記念写真を撮っているようなのです。

イタリアの「ピサの斜塔」を支えるように記念写真を撮っている外国人観光客と同じ手法です。
このようなものがはやっているとは知りませんでした。
街歩きはいろいろなことが見えておもしろいですね!。

[ 2016/06/05 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

浅草寺おみくじ

おみくじ


今日は「光が丘ライフワーク写真教室」土曜日クラスの浅草撮影実習をおこないました。
東京を代表する観光地の浅草、外国人観光客も増え、多くの人々で賑わいを見せていました。

雷門から実習撮影のスタート、仲見世を通り、浅草寺境内、花やしき、浅草六区界隈、吾妻橋、隅田川、そしてスカイツリーを歩きながらスナップショット撮影。

スナップ撮影は、おもしろい光景を見つけて素早く撮影することが肝心。
写真は浅草寺でおみくじを引き、その記念写真を撮っていた中国人観光客を撮影したものです。

どこに行っても中国人観光客を目にしますし、中国語がどこからも聞こえてきます。
とくに中国人は声が大きいのと団体で話すので余計にそう感じるのでしょう!

好天に恵まれ清々しい撮影実習の一日でした。
受講生の皆さん、お疲れ様でした。
講評会には素晴らしい作品を期待しています!
[ 2016/06/04 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

気がつけば早くも6月!

花と昆虫


気がつけば早くも6月になってしまいました。
年とともに時間が過ぎていくのが早くなると言われますが、早すぎますね!

2016年になって、5ヶ月間何をやっていたんだろうかと振り返ってみても疑問符が残ります。
昨年の戦後70年の年が、いろいろとあって充実していただけにその反動があるのかもしれません。

その代わりとしてこのブログを開設したことは新しい動きです。
見ていただけているのかどうかはよくわかりませんが、これからも続けていきます。

6月最初は、いつも行く花壇の花に昆虫が蜜を吸いにきている写真です。
花を見ていると心がホッとしますね!



[ 2016/06/01 ] 個人 | TB(-) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。