枯葉の中に枯葉

枯葉


9月の晦日。
今年も4分の3が過ぎて、残り3ヶ月になってしまいました。

時に追われて自分を見失いそうです。
自分自身を振り返ることももはや機を逸してしまい、だらだら生きているいることを実感。

自分にとって華やかな時代ももはや遠い昔。
流れに身を任せていく内に枯れてしまうのか?

秋は良い思い出がなく嫌いな季節。
身も心も落ち込んでいく気がします。

撮るものも必然と写真のような枯葉に目がいきます。
枯葉の中に枯葉が・・・!?


スポンサーサイト
[ 2016/09/30 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

受講生募集ポスター制作

生徒募集チラシ


水曜日クラスのハレパネ制作も終わり、作品発表展の準備がすべて終わりました。
あとは10月2日(日)の搬入・飾付けを待つだけです。

今回もとくに問題もなく順調に作業が進みました。
これも受講生の皆さんのおかげだと感謝いたします。

残念なことですが、9月末で受講生2人の方が退講されます。
去る者あり、新たに入るものあり、これは世の常。

受講生募集ポスターを制作しました。
写真展会場に貼って募集を呼びかけます。

受講生の知友の方で、もし教室に興味や関心がある方がいらっしゃればご推薦ください。
グループ展を観ていただきご入会いただければ幸いです。

ご協力、よろしくお願いいたします。



[ 2016/09/29 ] 写真教室 | TB(-) | CM(0)

夕焼けと朝焼け

夕景927

朝焼け928


長々と居座る秋雨前線の影響で天気の悪い日が続いています。
そのような中で昨日の夕焼けと今朝の朝焼けは綺麗で見とれてしまいました。

日の入りと日の出は、いつ見てもドラマチッックで感動を覚えます。
毎日のことだと思いながらも、毎日違う光景なのです。

私のたちの日々も毎日同じように見えても毎日が何か違っています。
生きていれば何かを感じ、何かを思い、何かを得て、何かを失っています。

日々写真を撮るために身近なものに目を向けるようになったことと、カメラを持ち歩くようになったことは小さな成長なのかな・・・!?

何気なく通り過ぎていることにいかに意識して見つめていけるか?
それが大切なことなのかもしれません。

[ 2016/09/28 ] 個人 | TB(-) | CM(0)

アゲハチョウ

アゲハチョウ


「ローズガーデン」よりもう一枚紹介します。
美しい花に集まるのは人だけではありません。

花の蜜を吸うために昆虫たちが集まってきます。
私が行った時にはアゲハチョウが、花に止まって蜜を吸っているシーンに出会いました。

蝶の羽は、とても綺麗ですね!
口から蜜を吸うための針のような管を出しているのが見えます。

できるだけ近づいてアップで撮ろうとするとすぐに逃げてしまい難しいです。
蜜を吸うシーンが撮れるまで多少粘りました。

動き回る小さな昆虫を写真に撮るのはやっかいですね!

[ 2016/09/27 ] 光が丘公園 | TB(-) | CM(0)

滅びの美学

枯れゆく花


昨日に続いて「ローズガーデン」で撮った写真を紹介します。
数日足を運んで花々を見ているだけでその変化に気づきます。

もちろん花も生き物ですから綺麗に咲いていた花もいつしかしおれていきます。
まだ頑張ってその綺麗さを保っているものもあれば、散る間際のものもあります。

私は「滅びの美学」というものに関心を持っています。
人間でも動植物でも、例えば建物でも生まれ育ってやがて終末期を迎え散ったり、去ったり、滅びていきます。

若い時、美しい時にはない、滅びる時にだけ見られる美を超越するような何とも言えない美の瞬間があります。
最期に放つ永遠の美なのかもしれません。

その瞬間をどのように演出していくのか、迎えていくのか!?
ありのままに、自然に、消え去るようにひっそりと・・・。

自分らしく、そう願いたい。


[ 2016/09/26 ] 個人 | TB(-) | CM(0)